Webライターとは?なるにはどうしたらいい?

Webライターとは?

ライターという言葉は様々なシチュエーションで登場しますが、Webライターはその一部で、「Webのライティングを行う人」のことです。

目次

Webライターとは?

Webライターの種類と業務

Webライターが行うライティング業務の種類は、多岐にわたります。

7つに分類してご紹介します。

Webメディア

オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディア
選定されたキーワードやテーマに応じたコラムやエッセイなど、訪問者の課題を解決する記事を執筆します。

セールスライティング

セールスレター・LP
商品やサービスの成約を獲得するための執筆になります。

体験談、レビュー

〜へ行ってきました、〜を使ってみました、のように自身の経験を記事としてライティングします。

取材、インタビュー

テーマに応じて特定の方を取材、インタービューして記事を執筆します。

アフィリエイトサイト

サイトのテーマで複数の記事を執筆することが多いです。トレンドネタとして、ニュースをもとに記事を執筆する場合もあります。

シナリオ

YouTubeやLIVE配信、動画講座などのシナリオを作成します。

広告

広告文やサムネイル画像に挿入する文言などをライティングします。

以上のように、Webライターと一言でいっても、様々な種類と書き方が存在します。

副業でWebライターになりたい方は、自分の得意分野から実践していくことをお勧めします

Webライターのメリット・デメリット

Webライターは、これからますます人気の出てくる職業になるでしょう。

なぜなら、時代背景にマッチした職業だからです。

Webライターになりたいという人は、メリットやデメリットを把握しておきましょう。

Webライターのメリット

・時間的自由がある

・場所にとらわれずに仕事ができる

・在宅で仕事ができる

・特に資格は必要ない

・あなたの感性を活かせる

Webライターのデメリット

・集客(仕事を獲得)するのが苦手な人が多い

・作業に孤独を感じる人もいる

・納期に合わせて自己管理が必要

・仕事の効果が見えづらい

・スキルを身に付ける必要がある

Webライターになるためには?

Webライターになるためには、講座やセミナーに参加してライティングを学び、ランサーズやココナラに登録して、受注を獲得していく方法があります。

こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【初心者必見】Webライターの始め方5STEP!必要な3種の神器とは? Webライターとして稼ぎたい!在宅ワークでwebライターとして活動したい! 今日の記事は、「これからWebライターを始めるぞ!」という初心者の方に向けて書きました。 こ...

上述したように、Webライターにも種類がありますので、ライティングの勉強の他に、知識として身についてけおいた方が良いものもあります。

例えば、広告文を執筆するのに、どんな広告媒体で文字数の制限が何文字なのか、どんな見え方なのかを知らずに執筆するわけにはいきません。

また、オウンドメディアのライティングを受注しているのに、SEO対策やタグに関する知識が皆無、というのも困ります。最低限の知識を身につけておきましょう

まとめ

ここではWebライターとはどんな仕事をする人のことなのか、メリット、デメリットも交えてご紹介しました。

初心者には、難しく感じるかもしれませんが、ライティングやWebのスキルは、一度身につければ、普遍的な内容も多く含まれるので、一生使えます。

あわせて読みたい
5つのWebライター必須スキル!今から身につける! Webライターとしてどんなスキルを身につければ良いのか、専門書は一通り目を通しているが、通用するのかわからない!不安を感じている!こんなことを感じたりしませんか...

今後、副業Webライターとして、継続的にやっていきたいと考えている方には、お勧めの仕事です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CxOマーケティング合同会社代表。オンラインスクール構築のためのスクールTeacher'sBASEの運営責任者。大手小売業、ベンチャー、通販、プロモーション企業の取締役を経て独立。オンラインスクールや講座の立ち上げ支援、集客支援、プロモーション事業を手掛ける。全日本SEO協会PPC広告コンサルタント。ネット業界20年。特に事業開発、集客、広告、ライティング、アフィリエイト、通販に精通。好きな食べ物は、すあま。

目次